学校・企業の名物拝見

松下電器歴史館

松下電器歴史館
松下電器歴史館を訪ねました。
ここでは創始者松下幸之助さんの誕生から亡くなるまでの心と足跡を、資料や映像で観ることができますが、それはまた松下電器発展の輝かしい歴史を知ることでもありました。
展示物を通じて、松下電器の皆さんが世代を超えて幸之助さんを慕い、敬愛する心が感じられ、また、幸之助さんが経営の神様といわれた所以も、肌で理解することができました。
この歴史館は1933年にこの地に建設された本店社屋を復元したもので、幸之助さんの生誕100年を記念して、1995年3月7日に改装開館いたしました。

タイム・カプセルの木タイム・カプセルの木
この歴史館の庭に素晴らしいメモリアルツリーがありました,タイム・カプセルの木です。
1970年の大阪万博で松下電器は、5000年後の世界に現代文明を伝えるため、2098点もの物品を収納した全く同じタイムカプセルを2基製作しました。
1基は6970年に開封されますが、もう1基は2000年に第1回目の開封が行われ、以後100年ごとに開封されることになっておりますが、今は大阪城の天守閣前の地下に埋葬されております。    
2000年最初の開封の際、マツやヒノキの種子を取り出し専門機関で試験栽培したところ、見事に発芽し苗が育ちました。30年間地中で過ごした種子が育つことは驚異のできごとですが、生命の大切さ・自然環境を守る大切さを教えられるようです。
松下電器は、この歴史的な記念のアカマツの苗木3本を選び、1本は万博思い出の地千里に、あとの2本はここ松下電器歴史館の庭に、2005年3月14日に植樹しました。
松下電器の未来永劫の発展とともに、このタイム・カプセルの木も未来へ向けて大きく成長することでしょう。

クスノキ
クスノキ

松下電器歴史館が開設された当初の1968年に植樹されたクスノキ
大きく伸び伸びと繁茂し、幸之助さんの銅像とともに、松下電器の成長を誇らしげに謳いあげているように見えます。

カイズカイブキカイズカイブキ
松下電器には他にもまた、企業の発展を見守り続けてきた名木があります、4本のカイズカイブキです。
1933年7月、松下電器本店並びに工場の門真建設を記念して植樹された4本のカイズカイブキが、企業発展の生きた資料としてますます大きく成長し、元気に見守り続けております。

京都大学

オリンピックオーク
           「オリンピックオーク」 2007.2.3 撮影
京都大学を訪ねました。
京大には「オリンピックオーク」という記念樹があると聞いておりました。
1936年のベルリンオリンピック三段跳びで、卒業したばかりの田島直人が世界新記録で優勝、
同輩の原田正夫が銀メダルを獲得しました。
田島がその時ドイツから持ち帰ったオークの苗木が成長し、「オリンピックオーク」と呼ばれ、
親しまれております。
今は冬の季節、葉はすべて落ちておりますが、その姿は雄々しく、京大グランドに聳え立っておりました。

オリンピックの三段跳びでは、
1928年アムステルダム 織田幹雄 15.21m優勝
1932年ロサンゼルス  南部忠平 15.72m優勝(世界記録)
1936年ベルリン     田島直人 16.00m優勝(世界記録)
 と、オリンピック三連覇の輝かしい歴史があります。
織田幹雄はオリンピック史上日本人初の金メダルでした。

西口学園

西口学園
大阪市福島区吉野にある学校法人 西口学園の中庭にある池と、それを取り巻く樹木です。
それほど広くはありませんが、職員及び生徒がひと時をくつろぎ、鋭気を取り戻す場所となって
おります。
池には鯉が二十数匹おり、大きなものは80~90センチほどありますが、世話役を自任する
西口英男理事長が卵から育て上げた鯉もおり、生命の尊さを学び愛する心を育む場ともなって
おります。